寒い冬 朝すっきりと目覚めるコツ

冬の空気は澄んでる感じがして気持ちいいですね。

けれど、寒くなってくるといつもより余計に

朝、目覚めるのが辛いですよね。

どうして冬は目覚めが悪いの?

大きな理由の一つは、寒いと体温が上がっていないからです。

ということは目が覚めた直後に身体を温め

体温を上げれば

スッキリ起きられるわけです。

winter-solstice-facts-jpg-653x0_q80_crop-smart

目が覚めたら、まずはじめに腕と足を引っ張るように

グーッと伸ばして伸びをしながら、

布団の中でゆっくりと大きく

下腹で呼吸してみてください。

この時手や足の先をグーパーしたりして

酸素を体全体に行き渡らせます。

 するとからだがポカポカしてきます。

少し目が覚めて来たら頭を手の甲でマッサージしたり

首元のリンパを流してあげるとスッキリしてきます。

あとは、セロトニンという脳内にある物質は

朝の目覚めを促してくれます。

これは、午前中に太陽の光を浴びることで増えます。

冬の朝もなるべくカーテンを開けておひさまを

入れるようにしましょう。

精神的にストレスなく起きるためにも

朝、好きな音楽を聞いたり

体の中からあったまる白湯をゆっくり飲んだり

エアコンのタイマーをセットして朝部屋を

暖かい状態にしてあげたりして

無理なくスッキリ起きれるように

工夫していきましょう♪

big_thumb_8e413113216777ef8df3d4a6efd8a830